2012年05月11日

Dropboxのβテストで無料で容量を5GB(今は3GB)増やす方法 ダミーファイルの使い方も紹介

Dropboxは無料で2GBのオンラインストレージが利用できるサービスです。

Dropboxクライアントのベータ版をインストールし、ベータ版のみにある「Dropbox camera import」という機能で画像や動画を転送すると、最大5GB分(2012/4/11現在は3GB?)Dropboxの容量が増えるそうなので試してみました。

ちなみに、Dropboxのアカウントを持っていない方は以下のリンクから登録すると、さらに250MB容量が追加されます。
Dropbox アカウントの作成

■ Dropboxの容量を5GB増やす方法(Windows 7)

1.
以下のページから、Dropboxのベータクライアントをダウンロードする。
Experimental Forum Build - 1.3.13 Dropbox Forums

Windowsを利用している場合は
Windows: http://dl-web.dropbox.com/u/17/Dropbox 1.3.13.exe

をダウンロードしてインストールして下さい。
元々dropboxをインストールされていた方も同じようにインストールするだけで上書きインストールされるので大丈夫です。
もちろんデータも消えません。

2.
SDカード、USBメモリ、外付けHDD、iphoneなどを用意して、ルートフォルダに「DCIM」という名前のフォルダを作成し、そのフォルダに写真やビデオファイルを入れる(ダミーファイルでもOK)。

なお、5GB容量を増やすためには5GB以上空きのあるSDカードと写真やビデオのファイル合計5GBが必要になります。

5GBも画像を持ってねえよ!という方も多いでしょう
そんなあなたに朗報
以下のサイトで5GBのダミーファイルが配布されています。
Dropboxベータテスト参加で追加5GBを獲得するための手っ取り早い方法 | ひとりぶろぐ
僕もこのダミーファイルを使いました。ダミーファイルを使う利点はもうひとつあります。
dropboxは誰かが以前アップロードしたファイルの場合、アップロード時間が短くなるので
自分の画像ファイルを5GBアップするより、ダミーファイルを5GBアップするほうが全然早く終わります。
dropboxはアップロード速度が遅いので、自分の画像ファイルを5GBアップするとかなり時間がかかるようです。

3.
「コントロールパネル」→「ハードウェアとサウンド」→「自動再生」を開き、
「すべてのメディアとデバイスで自動再生を使う」にチェックを入れる。

なお、この設定はセキュリティ上好ましくないので、Dropboxの容量追加が終了したら元に戻したほうが良いです。

4.
ダミーファイルを入れたSDカード、USBメモリなどを一度PCから外し、再度接続すると自動再生の画面が開くので、「Import pictures and videos」を選択する。

5.
Dropboxへのアップロード始まります。

アップロード終了後、容量が5GB増えます。(2GB→7GB)
容量が増えたことが確認できたら、アップロードしたダミーファイルは削除して下さい。


posted by がおむー at 23:37 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。