2011年06月02日

医師や看護師の転職ホームページ

医師や看護師の転職支援をおこなう会社のホームページが近年急増している。

ちょっと前には、看護師の転職でテレビコマーシャルまででていた。

そんなに儲かるのか?そして、そんなに病院やクリニックは人材にこまっているのか?と思っている方も多いことでしょう。

困っている病院とそうでない病院は、二極化していってます。善循環と悪循環の差によって、どんどん人のあつまるところと、去っていくところが顕著になってきています。

人が集まらないと、紹介料を払ってでも来てもらわないと、診療報酬が大幅に下がってしまうなどの笑えない状態になってしまうからです。

でもひどい状態だからすぐ辞めてしまう。そんな状態です。

ホームページやスマートフォンサイトを業者に作ってもらう場合、もしホームページ制作業者のデザインセンス、傾向を調べたいなら、ホームページ制作 実績を確認することです。実績をあまり掲載していない業者は信用できません。

ホームページを作らせていただいたお客様には、こんな専門的な仕事があるんだと驚く会社もある。例えば、クリニック開業の支援を専門に行うコンサルティング会社。開業場所の選定から開業後の経営のフォローまで、忙しいドクターに代わって支援するサービスなんです。

アメーバブログを運営されているお客様には、カスタマイズをお勧めしています。というのも、アメブロカスタマイズすれば、読者登録もアクセスにも大きな差ができるからです。ホームページとあわせての運営で相乗効果を見込めます。お勧めですよ!また、先代から歴史ある工務店として、地元尼崎での実績を積んできた工務店のホームページ制作実績もあります。おさむプランニングは、リフォーム、新築住宅はもちろん、不動産の仲介まで幅広くをやってます。ホームページ制作で結構な実績を作ることができましたが、それが縁で起業される方の支援のお手伝いをすることにもなりました。

起業カフェという起業支援を目的に、ビジネスマッチや交流会などを企画している団体のWEB担当をやることになったんです。何が縁になるかわからないものです。

募集する病院がわで、こまっているところも多いことはわかったけれど、転職する人はそんなに業者をとおすの?という疑問が。

転職なれしている人は、こうしたサイトを使うことが多いようです。

面倒な交渉や段取りを全て無料でしてくれるし、会社によっては祝い金までくれたりするので重宝しているようです。

こうした業者があることを知らない人もまだまだ多いようですから、需要はあるようです。しかし、こうした医師や看護師をネットから集客しようとすると、非常にむつかしいのですし、複数登録する人も多いことから、中小業者には厳しいでしょう。
posted by がおむー at 15:06 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

医師の転職市場

増える"医療系転職支援会社"にみる市場背景
nomura01.jpgのサムネール画像
医師転職サイトが増える訳

ここ近年で、医師転職サイトは随分と増えました。これまで一般の職種を取り扱っていた人材紹介会社が医療機関への転職に着目し始めてたことで、医師転職支援業界の市場は年々広がってきています。つまり、グループや企業内で医療機関を扱う部署を新たに作ったということになり、それは即ち、既存の職種に関する人材紹介業だけでは業界が成り立たなくなってきている証拠でもあります。 そこには医療系転職支援会社が医師や看護師などを紹介するマージンが他の人材派遣よりも高額であること、また、取り扱う医療機関の数が多いこと、さらには医療機関サイドも良い医師人材を常にを欲しがっているということが大きく関係しています。 また、医師側としても、現代日本の医師不足事情とは裏腹に、医療崩壊という言葉が一般的になってきてしまったように、医師の労働条件が過酷すぎるという理由から、従来の医局人事に頼ったキャリア形成以外、つまり、民間の転職支援企業の助けを借りたキャリアパスを描くことが、かなり当たり前になってきたということが大きく影響しています。 ところが、医師に限らず、すべての職業人にとって「転職」とは大変大きなハードル複数を抱える大問題です。自己流の下手糞な転職活動を展開してしまったために、すっかり医師キャリアパスから落ちぶれてしまう人間が後を絶ちません。
posted by がおむー at 15:05 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

医師が転職先を決めるときに考えるべき5つのポイント

自分が転職する理由を明確化することから始める(自己分析)

一般的に「条件に恵まれている」はずの医師の皆様が転職するからには、現在の労働条件になんらかの不満があることは間違いないでしょう。明確な不満ではなくとも、漠然とした転職希望においてすら、つきつめて自己分析をしていくと、「どうしても今(将来)転職をしなければ行けない理由」がそれぞれの胸のうちにしまわれていることがほとんどです。

医師の転職理由で最も数が多い理由としては「(時には医療崩壊を起因とする)過酷な労働条件」が挙げられます。その他にも給与面や人間関係などさまざまな原因が医療現場にはあるようです。転職先を探す際の条件には、その原因となったポイントを払拭できるかを徹底的に調査する必要があるでしょう。

そうでないと、転職したはいいが、短期間の勤務の後に再度転職をしなければならなくなるといったことになりかねません。そうなると職務経歴書上の記述欄が無用に増えることとなり、確実に貴方の医師としてのキャリアが傷つくこととなるでしょう。

転職自己分析においては、まず、現状の職場に対して不満を思っている点を、とにかく文書に書き出してみると良いでしょう。すると意外に色んなことに悩んたり、不満を持ったりしていたことに気付きます。そこから条件を出して、転職する目的を明確にすることがポイントです。そうすることで、自分が医師としてどんな環境で働きたいのかがはっきりと見えてきます。

また、最近では「マインドマップ」といったような、ビジネスシーンで使われるロジカルシンキングツールを使用することで、医師としての貴方のキャリアを客観的に整理することも良い手法の1つとしてお勧めです。マインドマップの解説については様々な書籍などがでておりますので、是非、お手にとって調べてみてください。
posted by がおむー at 15:03 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

医師が転職を考えるとき

転職を考える際に医師の方に考えていただきたいのは、将来を見据えたキャリアプラン。目先の収入だけに目を捕らわれていると、将来自分のやりたいことのできる医療機関で働けない事態がでてきます。ですから、医師転職の紹介会社に登録する際には、自分の描くキャリアプランを伝える、或いはしっかりと相談し、それに合った医療機関を紹介してもらえるように希望を伝えないといけません。

もちろん、そうした話にしっかりと受け答えできるエージェントのいる会社でないといけませんが。

現在、医師の転職を専門にしている人材紹介会社は、全国で200社ほどあるらしい。一人でやっているような零細企業も含めるともっと多くなる。しかし、そうした会社のホームページの医師募集ページには、ほとんど同じ医療機関が並んでいる。

果たして、同じ医療機関がそんなに多くの業者に募集をかけるのだろうか?実際には、そんなことはないはずです。本当のところはどうしているのだろうかという疑問が、、、。医師として、勤務医ではなく開業医の道を選ぶ人には、開業に合わせてしっかりとしたホームページを作ることをお勧めします。昔と違って今の時代、ホームページは必須です。できれば、それに合わせてスマートフォンサイトも作っておきたいところです。

大阪のホームページ作成業者で、非常に良心的な価格とサービスで、とても費用対効果の高いホームページを作ってくれる会社があります。

作ったホームページは必ず狙ったキーワードで検索エンジンの上位に表示させている実績のある会社です。

医師の方にとって転職は将来の開業への布石であることも多ので、開業の支援もサービスとして提供しておりますが、それだけでなく、開業後のサポートもすることで長いお付き合いをさせていただいております。何かというと医療コンサルティングとして、財務・人事労務、開業後の病診・診診連携の渉外活動や地域へのプロモーションを始め、WEB戦略・SEO対策なども含めて、経営全般のお手伝いをできる体制を整えています。
posted by がおむー at 15:03 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。